FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フェラ01

今更ですが・・・

「新年明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願い致します」

年も変わったところでとりあえず生存報告です(笑
多香子は相変わらず悶々とした変態妄想生活を送っています。
(2017年も同じことの繰り返しなんだろうなぁ。。)
ここを覗きに来て下さる少数の皆様の中に、ほんのチョッピリでも「多香子は何してるんだ?」なんて思って下さっている方がおられましたら、そういうことです(笑)多香子は変わりありません。相変わらず中途半端です。。

久しぶりにリンク追加しました。とっても素敵な女装子さんのブログです。多香子なんかとは大違い、綺麗な方です。多分だけどずっと以前は違う名前で活動しておられた方で、当時から密かに多香子が憧れていた方だと思います。(違っていたらゴメンなさい)
以前のブログにも綺麗で淫靡な写真が張ってあって、ドキドキしながら拝見していたのを覚えていました。リンクさせて頂いたブログにも素敵な写真や調教報告が沢山あって、久しぶりに心からドキドキしながら(先走りでヌルビチャにしながら)拝見しました(恥
リンクは一番下にあります。

で、話は変わりますが(あまり変わらないかな?)、妄想と言えば妄想ですから、実際にはあり得ない事、もしかしたら起こり得る事、色々と湧いてきます。薬を飲んで朝起きたら女性の身体になってるとか、拉致されて秘密基地みたいな所で強制的に性転換されて香港に売られちゃうとか、ありえそうもない話も嫌いじゃないんですが(笑)、やっぱり多いのはチョッとしたタイミングや出会いが気付けば後戻りできない状況になっちゃうとか、勇気を出してあと一歩踏み出せば本当になるんだよって感じの妄想が一番萌えます。

********

「主従ごっこ」だったはずなんです。「プレイ」として楽しんでいただけのはずなんです。
それがまさかこんな事になっちゃうなんて・・・
私・・本物の奴隷にされちゃいました。。

始まりは至って平凡でした。ネットでの出会い、何度かのメールのやり取り、用心しながらも誘惑に勝てず呼び出しに応じて初めて一緒に飲んだお酒、ラブホテルで初めての「調教プレイ」
日常の中で抑え隠し続けている私の本性を理解し、それを解放してくれる御主人様と呼んでいる「パートナー」
お互いの私生活には干渉せず、月に一度か二度の「調教プレイ」で楽しむ関係。でも・・そう思っていたのは二度目の「プレイ」までだったんです。

カシャッ、カシャッ、

(ん?今、写真撮られた?)

カシャッ、カシャッ、カシャッ

(あーやっぱり撮られてるー止めて!あーン 止めてー!)

口枷をしっかり咥えさせられ、あられもない格好で拘束され身動きできない私は、言葉にならない声を上げ首を激しく振って否定の意思を伝えようとしますが、シャッターの音は止まりません。

「暴れるんじゃない、ピントが合わないじゃないか。目隠しに口枷、誰だか判らないから心配するな」

そういってご主人様は写真を撮り続けます。

「そうだな、このままじゃ面白くないから目隠しを取ってやるかな。ん?何か言いたいのか?じゃ、口枷も外してやろうか?」
「お前の調教記録をブログに上げてやろうと思ってな。そうだな、やっぱり顔出しでいくか。これだけケバいメイクなら誰だか判らないだろうしな。心配するな。大丈夫だよ」

(そんな・・あぁ嫌っ、止めて・・)

そんな私の気持ちなど気にする様子もなく目隠し、そして口枷が外されます。

「ひどい!ご主人様。写真は止めて下さい。知り合いにばれたら私、生きて行けません」

カシャッカシャカシャ
必死で顔をそむける私を面白がるようにシャッターが連続で押されます。

「もう遅いよ。ほら、あそこからビデオにも撮ってあるんだよ。気付かなかったか?お前が土下座して調教して下さいってお願いしているところもチャンと撮れてるはずだよ。あれは本気じゃなかったのか?嘘ついてたのか?奴隷なら写真撮られても文句は無いよな。奴隷はご主人様の命令に絶対服従するものだろ?そんなに心配するなよ、たかが写真じゃないか。悪用したりはしないつもりだから。ただしお前が素直な奴隷でいればの話だけどな。はははっ」

(そんな・・・どうしよう。。でもこれってプレイの一部だよね。そうだよ怖がらせて楽しんでるだけなのよ・・)

「ん?もしかしてプレイの一部だと思ってるのか?まあプレイだって言えばプレイ、遊びだけどな。ただし俺にとっての遊びだよ。お前を俺の自由に操る遊びだな。お前は俺の玩具になるんだよ。絶対に逆らう事の無い玩具にな。お前を怖がらせるのも俺の自由、お前に痛い思いをさせるのも、イイ気持にさせるのも俺の自由って訳だ」

「あらら、泣くのか?いいよ、泣いてみろ。泣き顔も撮ってやるよ。はははっ、いい顔して泣くじゃないか。大丈夫、お前は素質あるよ。根っからのマゾだよ。それも女になりたいマゾ。怖がらずに俺のこと信用して正直になってみろよ。知ってるんだよ、お前はこんな風に絶対に逆らえない奴隷に成りたかったんだろ。怖くないよ、俺がお前にマゾの幸せを身体の芯まで味あわせてやる。俺の奴隷じゃなきゃ生きて行けないってぐらいにな」

(どうしよう、どうしよう、どうしたらいいの。。こんな事になっちゃうなんて。。優しい人だと思ってたのに・・あぁ・・)

「マア取り敢えず今日はもう少し記念撮影な。お前の恥ずかしい本当の姿キッチリ記録しといてやるよ。家族や会社に恥ずかしい秘密をばらされたくないんだったら、今まで通り俺の命令を聞いて恥ずかしい事やって見せろ。好きなんだろ、恥ずかしい事させられるのが。何も変わらないよ、お前さえ素直でいれば。ただし辛くても逃げ出せなくなった以外はな。はははは。調教もレベルを上げていくぞ。今までは甘やかして来たが、これから本気でお前のアナルマンコ、ガバガバにしてやるよ。そのうち玉抜きして小さいおっぱいも育ててみるかな。楽しみだろ、奴隷ちゃん。はっはははっ」



スポンサーサイト
[PR]

998_1000.gif

701_1000.gif

129_1000.gif

582_1000.gif

男の人のアレ・・欲しいョ・・
もうずっと無いから。。

「俺の女」扱いで有無を言わせず犯されたいの。
奴隷に成りたい・・・誰かに所有されてたい。

あなたの好きに使って下さい。何でも言う事を聞きます。素直な奴隷になります。
でももし・・私に出来ない事が有ったら、お仕置きして下さい。
出来るようになるまで調教して下さい。身体に教え込んで下さい。
洗脳して下さい。。

アソコが疼きます。悪戯して下さい。お願いします・・
狂わせて・・
何日も続く、ズキズキとした痛みを与えて下さい。
私は貴男の玩具、所有物、奴隷であることを
いつも忘れないように。。



 週に一度、お会いして調教して頂く前日は夕食を抜き、睡眠薬を飲んでベッドに向かいます。命じられている通り多量の下剤を飲み、紙おむつを身に着けて。。
その姿は鏡の前で写メに撮って、「おやすみなさい」のメッセージと一緒に御主人様に報告。普段から毎朝、「今日の下着姿(もちろん女性物)」を写メで報告しなければならないのだけど、ベビードールにおむつの姿は一番恥ずかしいの。
 
 睡眠薬が効いてくるまで朝起きた時の惨めさを思っていると、強制されているお薬のせいで小さくなって滅多に硬く成る事の無いぺ二クリや、オチンチンの味を覚えちゃったアナルが疼いちゃうんだけど、当然オナニーは命じられた時以外は禁止されている訳だし、アナルはおむつを着けた状態では触りたくても触れない。普段は常時装着させられているアナルプラグも今日だけは入ってない上に、おむつを着ける前にキシロカインをたっぷり塗り込んであるから、触っても殆んど感じない状態。大きく黒くなった乳首をそっとつまんで(痛くて強く触れないの)下半身にジンッとくる感じを味わうのが精々(まだ乳首だけではイケません)「私どうなっちゃうんだろう?御主人様」なんて思っている内に眠りに落ちていっちゃう。

 あと、キシロカインを塗り込むとアナルが閉じてるのか開いてるのか自分で判らなくなっちゃうのね。睡眠薬が効いている状態でアナルの感覚を無くすと、もうお漏らしは確実。便意で目が覚める事も無いの。口内炎のお薬を下のお口に使うなんて、御主人様に教えられるまで考えた事もなかったなぁ。

 調教日の朝は重たくなったオムツ姿でヨチヨチとお風呂場に向かう事から始まるの。シャワーで綺麗になった後は、またさらに下剤。病院で腸検査の時に使う下剤らしいんだけど、2リットルぐらいのパックに入った味の薄いスポーツドリンクみたいなお薬。必ず全部飲むように言い付けられてるんだけど、飲んでる間に何度もトイレに通う事に。最後は飲んだお薬がそのままの状態(汚れてないまま)で出てくるようになるんだけど、そうなるとお腹の中は綺麗に何もない状態らしいのね。御主人様は私に目の前で排泄させたり我慢させたり、時には野外で排泄を命じられたりするのだけれど、排せつ物その物には興味がないし、むしろ嫌な方。本格的に調教をして頂く時は必ずこうやって準備させられます。それにこうやってお腹の中が空っぽでまさに空腹状態にしておけば、飲ませるオシッコも精液もしっかりと私の身体に吸収されるからって。。私もそれが嬉しいの。尊敬する御主人様のオシッコが私の身体に吸収されていくんだって思えるから。ただ残念ながら御主人様の精液は滅多にお口からは飲ませて頂けません。フェラチオのご奉仕をさせられている時は、私から必ず「お願いします、御主人様。御主人様の精子を飲ませて下さい」っておねだりするのだけど、「ご褒美だからそうそう簡単には飲ませてやらない」って飲ませて頂けないの。公衆精液便所調教の時は大勢の知らない男の人達の精液を、もう無理って言うほど飲まされるんだけどね。だけどやっぱり知らない人のじゃなくて、御主人様の精液をしっかりと味わせて頂きたいなぁ。



その他-050

今日はクリスマスイブ。街に溢れたカップル達を見ると、
普段は忙しさに紛れて忘れている寂しさを、改めて感じます。
そのほとんどが若いカップル達だけど、中には初老?いえ中年?の
カップルの姿もチラホラと。。
ふと気付くと、ついつい私(52)wと同年代のカップルに目がいっている私。
御夫婦なのか不倫なのか・・
さすがにその年代のカップルで手を繋いで歩いているカップルは居ないけど、
それでも皆、仲良さそうに見えちゃいます。
大抵は前を歩く男性と、その斜め後ろを着かず離れず半歩遅れて歩く女性。
本当に「羨ましいなぁ」って思います。
ええ勿論、羨ましいと思うのは仲の良さそうなカップルに対してですが、
私にとって特に羨ましいのは、男性に付き従う様に歩く女性の立場。
あ~、私も御主人様に付き従って街を歩いてみたいなぁ。。
って、勝手に主従関係に変換しちゃってますけど(笑

*****

「マフラーを取りなさい」

「はい。御主人様」

繁華街を外れ人通りも少なくなったホテル街近くの路上。
マフラーを取った私の首には、奴隷の証である首輪が付けられている。
コートのポケットからリードを取り出し、私の首輪に繋ぐ御主人様。。

カチャリ・・

「ここからはこのまま歩くぞ。マフラーは仕舞っておきなさい」

そう言ってリードの端を握った手をコートのポケットに突込み、平然と歩き出す御主人様。私の首元から延びた赤いリードの先は、カーブを描いて垂れ下がりながら、前を歩く御主人様のコートのポケットの中へと続く。マフラーで隠していたとは言え首輪を付けられたまま街中を歩かされ、アソコの先を濡らすほど高ぶっていた私のスイッチが完全に切り替わる。

人通りが少なく暗い夜の街外れとは言え、人通りが無い訳ではない。
首輪に繋がれたリード引かれた姿で、男性の後ろに付き従い裏路地を歩く私。
周りから見れば馬鹿にしか見えないと思う。
でも・・・逆らえない。。何故なら・・・そうされる事を心の底では望んでいるから。

「御主人様・・・」

「ん?なんだ?」

「おトイレ・・我慢できそうにもない・・」

「情けない奴だな。小便も我慢できないのか?そのまま漏らせと言っても良いが、あとが面倒だな」
「しょうがない。さっさとそこでやれ!」

許された私は電柱の陰に隠れるようにスカートを捲り上げ、下から手を入れ下着をおろすとお尻を丸出しにしながら壁を向いてしゃがみこむ。
リードに繋がれたまま、尻を丸出しにしてしゃがみこむ姿を見下ろされる私。
惨めで恥晒しな姿の私。

そんなクリスマスイブが私には相応しい。。
jewelry 01

アマゾンで子供たちのクリスマスプレゼントを選んでいる時に、
ついつい・・買っちゃいました。自分へのクリスマスプレゼント。
子供の為の買い物をしながら、こんな物買っちゃうなんて・・・背徳感。ゴメンね。。

実はこのプラグ昔から欲しかったのだけど、ご主人様にプレゼントして頂くことを夢見ていたんですが・・・(笑
望みがかなわないままとうとう買っちゃいました。

クリスマスも近いある日。
調教が終った後、ソファの上でタバコを吸いながらくつろいでいるご主人様。
テレビから流れるニュースを聞きながら、わたしは散らかった部屋や道具を片付けている。

「おい多香子、ちょっとこっちへ来なさい。そこで尻をこっちに向けて土下座しろ」
「はい。ご主人様」

全裸に首輪姿の私は、言われるまま素直にご主人様にお尻を向け、土下座する。
今までの調教であらゆる恥をご主人様にさらしてきた私、今更の羞恥心は無い。

「もっと尻を高くあげろ。そう、両手で尻の穴を広げて」

顔を床に擦り付けるような体勢でお尻を高く上げ、両手でアナルをさらけ出す。
調教が終わったばかりの私のアナルはヒリヒリと痛み、脱肛気味に腫れ上がっている。

「尻の穴が腫れ上がって、まだ口が開き気味だな。さっき出してやった俺の精子、漏らすんじゃないぞ」
「ほら、漏らさない様にプラグを入れといてやる。俺からのクリスマスプレゼントだ」

冷やりとした硬い感触とローションのぬめり。
先端を少し押し込み気味にゆるく円を描くように動いていたプラグが、
ねじり込まれる様にアナルに押し入ってくる。

「うん。恥ずかしい穴をジュエリーで飾る女装マゾ。お前にはよく似合ってるよ。
 いいか、今日からこのプラグは24時間、俺の許可が無い限りどんな時も外すんじゃないぞ。 ウンコしたくなったら俺の許可を取るんだ(笑」

シャフトの部分が細いプラグはそれ程の違和感無く、私のアナルに納まっている。
とは言え、括約筋を常に意識するほどには存在感がある。
日常生活に不便は無さそうだが、アナルをジュエリーで飾っているという意識は、
私を常に発情した状態にするに違いない。。

「ありがとうございます、ご主人様。プレゼント大事にします」


 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。